マイページの使い方
初めてご利用される方は、お申込みと一緒に会員登録ができます。会員登録を行うと、次回のご予約が簡単になり、予約状況の確認もオンラインで行えます。



パスワードを忘れた方

マイページ

カートを見る

▼現地スタッフがレポート! 選べるブルーマウンテンズ1日観光

現地スタッフがレポート! ルックJTB選べるブルーマウンテンズ1日観光


オーストラリアで大人気の世界遺産ブルーマウンテンズ。寄岩スリーシスターズに、ユーカリの森、砂岩の絶壁、幻想的な青い霞がかった山々。かわいいルーラの町で、ルックJTBのお客様には特典のコーヒー1杯もついてきて見所いっぱいです!!

お申込みはこちらから →選べるブルーマウンテンズ1日観光(クリックしてツアー詳細確認)


 

■ツアーに含まれるもの■
認定エコ日本語ガイド (A ゆっくりバス観光コースは認定エコガイドにならない場合があります)、市内主要ホテルへのお迎え(往路のみ)、シーニックワールド乗物代、昼食、オリジナルルーラマップ、世界遺産訪問証明書
※ルックJTBのお客様はルックJTB特典オリジナルご案内書とルーラの街でのコーヒー1杯付き

※体験記の内容は実際のツアー行程や詳細と異なる場合が場合がございます
 

 

ホテル出発
07:20am
パークロイヤルホテル集合。滞在先によって市内の徒歩圏内のホテルから出発となります。日本語ガイドさんが声をかけてくれたので安心です。ガイドさんが迎えにきてくれた際に、ルックJTB特典オリジナルご案内書を頂きました。出発後はトイレ休憩はありませんのでお手洗いを済ませておくことをおすすめします。

 

車内の様子
07:45am
車内では、ガイドさんよりシーニックワールドの案内書をもらったり、1日の行程や注意点を聞きます。途中でトレッキングコースとバス観光コースに分かれるので、それぞれのおすすめな点を教えてもらいました。お天気が良い日はトレッキングコースの方が人気があるようでした。

 

車窓
08:00am
車中、右手にフィッシュマーケットを通り過ぎながら、ベテランガイドさんがブルーマウンテンズの見所、オーストラリアの文化など面白い話をしてくれます。ブルーマウンテンズは、ユーカリの木から、揮発されるオイルが太陽光に反射することで青く見えるのでそう呼ばれるようになったそうです。幻想的なブルーマウンテンズを見るのが楽しみです。

 

マラソントラック
08:30am
途中でシドニーオリンピックパークやシドニーオリンピックで高橋尚子選手が金メダルを獲得した際のマラソントラックを通過しました。バスの右手側に見えるので、進行方向に向かって右手に座るのをおすすめします。

 

シーニックワールドへ到着
09:50am
シーニックワールドへ到着。ブルーマウンテンズは標高1000M以上の山々で気温は市街地より2~3℃低いようです。バスを降りると少し肌寒く感じたので、ジャケットを持ってきてよかったです。周りを見るとユーカリの木が目立ちます。コアラは自分で好んだユーカリしか食べないそうです。コアラがグルメだなんて知りませんでした。

 

シーニックワールド入場
10:00am
ガイドさんからリストバンドタイプの入場券を頂きます。入場券は、マシンに手首をかざすだけでOKなのでとっても便利です。トロッコ列車、ケーブルウェイ、スカイウェイの3種類の乗り物にのります。

 

トロッコ列車乗車
10:05am
早速、トロッコ列車乗車!! 椅子の角度を調節でき、最大64℃まで傾斜を調節できます。シーニックレイルウェイ谷底駅まで崖を下ります。傾斜がすごく、ブルーマウンテンズの山々も一望できます。迫力満点な景色を楽しめました。みなさん大興奮!!歓声を上げながら下ります。スピードは速くないのでお子様でも楽しめると思いました。

 

ケーブルウェイ谷底駅まで散策
10:15am
遊歩道を歩いてケーブルウェイ谷底駅まで向かいます。山道を散策、ガイドさんがブルーマウンテンズならではの植物を紹介してくれます。ユーカリにも沢山の種類があるなんて知りませんでした。空気が澄んでおりとても気持ちが良いです。

 

炭鉱跡
10:20am
炭鉱跡をガイドさんが案内してくれました。トロッコ列車は、もともと石炭を地上へ運ぶために使われていたようです。石炭採掘を支えていた重要な列車だったと知り、大変感慨深かったです。

 

ケーブルウェイ
10:30am
次の乗り物ケーブルウェイに乗り、山の上まで一気に登ります。有名なスリーシスターズが小さくみえ、興奮しました。

 

カトゥーンバ滝
10:40am
その後、さらにスカイウェイに乗り対岸へ。スカイウェイは進行方向右手に有名なスリーシスターズ、左手にカトゥーンバ滝が見渡せます。ロープウェイの真ん中は谷底まで眺めることができるガラス張りになっていて下が見えるので、迫力満点で面白かったです。参加者の方と交代で足元の景色を楽しみました。

 

◆トレッキングコース◆--------

 

 

トレッキングコース
ティーツリー
10:45am
ここで、バス観光コースとトレッキングコースに分かれます。トレッキングコースは1.5KMをエコーポイントまで歩きます。ガイドさんがティーツリーの香りの嗅ぎ方を教えて下さいました。リラックス効果や殺菌効果があるそうで、アボリジニ族が古くから治療に用いていたそうです。葉を潰して匂いをかいでみると、スっと爽やかな香りに癒されます。

 

 

トレッキングコース
11:00am
最初は下りが続きます。雨の後1週間位はぬかるみも多いようです。この日もぬかるみを避けながら進みました。汚れても良い靴と服装で来ることをお勧めします。トレッキングコースは、どこからでも絶景が見渡せ感動します。本当に空中散歩をしているような気分になりました。途中、手すりがない場所も通るので足元もしっかり見ながら歩きました。

 

ブルーガムツリー
11:15am
しばらく歩くと、まっすぐそびえたつ、真っ白な美しい木々がみえてきます。ガイドさんの解説によるとこれらはブルーガムツリーと呼ばれるユーカリの一種だそうです。

 

バンクシア
11:20am
途中、山火事で焼けてしまった場所も通ります。バンクシアというオーストラリア固有種の植物が多く生息していました。バンクシアは、山火事の熱で種がはじけるという話に驚きました。自然の摂理の面白さを感じます。

 

登り階段
11:30am
最後は109段の登り階段があります。エコーポイントまであと一息!最後は、無言でもくもくと歩きました。

 

エコーポイント
11:40am
登り階段を終えて、ブルーマウンテンズで一番の景勝地である、エコーポイントに到着!パンフレットやガイドブックでよくみる世界遺産スリーシスターズ目の前にそびえ立ち、圧巻です!達成感と感動が一度に襲ってきました。トレッキングで参加者様同士の絆も深まったように思います。ガイドさんが話してくれましたが、3姉妹は悪い魔女から守られるために、実の父親に石に変えられてしまい、父親は鳥になって今でも姉妹を探しているという古い言い伝えがあるそうです。ここで、約20分間の自由時間。写真撮影などをして過ごしました。

 

 

◆バス観光コース◆--------

 

 

ルックJTB特典案内書
10:45am
ゆっくり観光バスコースはバスに乗り、次の目的地のナローネック展望台に向かいます。そこから見る、ジャミソン渓谷とメガロン渓谷はすばらしかったです。歩いていると、黄色いかわいい花を見つけました。ゴールデンワトルという花で小さい黄色い花がかわいいです。ルックJTBの特典でついてきた案内書に載っているのと一緒でした!きれいな空気を体いっぱいに吸い込み、バスに戻って次の目的地へ!

 

 

エコーポイント
11:15am
エコーポイントに到着。ここでトレッキングコースと合流となります。

 

------------------------

 

ゴードンフォールズ展望台
12:00pm
次の地点、ゴードンフォールズ展望台へバスで向かいます。車内へ戻ると、ガイドさんより世界遺産訪問証明書を頂きました。エコーポイントからバスで5分位。バスを降りてから、5分位歩きます。エアーズロックより大きい1枚岩が見渡せます。青みがかった山々と目の前に見える壮大な1枚岩にため息がでます。緑の木々の中に茶色い部分の木々も遠くに見えますが、これは時々人工的な火事を起こすことで、山火事を防いでいるため、焼けた木々が茶色く見えているそうです。。また、バンクシアなどの植物はブッシュファイヤーがないと実をつけることができないということもガイドさんが教えてくれました。ここではゴードン滝とジャミソン渓谷の美しい景観や、スリーシスターズを裏側も見学できました!

 

昼食
12:30pm
待ちに待った昼食です。トレッキングでは良い運動になったので、お腹もぺこぺこです。ビュッフェスタイルの昼食で、今日のメニューは白身魚、パスタ、チキンの香草焼き、サラダ、ポテト、パンとバター。白身魚は、バター風味に仕上がっていて、塩加減もばっちり。デザートにチョコレート、ヴァニラ風味のケーキとアップルクランブルというオーストラリアの方々が日常で良く食べられるスイーツが楽しめました。2つの大きなテーブルに参加者みんなで座り楽しく食事ができました。ガイドさんのおすすめはデザートのアップルクランブル!甘すぎず、爽やかな酸味でとても美味しかったです。

 

ルーラのカフェ
13:30pm
昼食会場を出てルーラの街へ到着。とてもかわいらしく、おしゃれな町でした。9月から10月は八重桜が咲くようです。ここで、ルックJTBの場合は、コーヒー1杯プレゼントとのこと。コーヒー文化の説明を聞きながら、ガイドさんおすすめのカフェでオーストラリア独自のメニューであるフラットホワイトを注文しました。地元のオージーたちも中でゆっくりくつろいでいて、ガイドさんの知り合いオージーも話しかけてきて、オーストラリアのフレンドリーな一面を改めて感じます。

 

ルーラの街
13:35pm
コーヒーを飲みながら町を散策。おしゃれなキャンドル屋さんや、オーストラリア風の駄菓子屋さんがお勧めです!ぜひ、入ってみて下さい。

 

ルーラ
14:45pm
ルーラを出発し、シドニーへ戻ります。1日盛りだくさんで名残惜しい中、出発しました。皆さま疲れたのか、車内は寝ている方も多く静かでした。車内では、オーガニックのホホバオイルやティーツリーオイル、ユーカリオイルの販売もして下さるので、お土産を買いたい方には、とても便利で嬉しいです。

 

16:40pm
市内に到着。バスの下車場所はロックスにあるDFS(免税店)前、シドニータワー付近、セントラル駅付近のどれかからだったので、私はシドニータワー付近のKOGAROOというお土産屋さんで下車しました。

 

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
1日ブルーマウンテンズコースは、トレッキングでほどよく自然の中で体を動かし、森の空気を吸い、ブルーマウンテンズの歴史や植物にも詳しくなり、リフレッシュできた1日でした。さすが、世界遺産だけあり景色は圧巻でした。春先の参加でしたので、山は緑に覆われ、花も咲いていました。もう少ししたら桜も咲くようなので、また違ったブルーマウンテンズとルーラの景観を楽しめるでしょう。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


ガイドさん1日ありがとうございました!

別の都市ツアーを見る

お得な秋祭りセール【期間限定】 オーストラリア-出国日に参加できるツアー特集 | JTBオーストラリア シドニーのシンボル「ハーバーブリッジ」に登ってみた! | 現地レポート JTBオーストラリアのオプショナルツアーツアー大幅値下げキャンペーン サマーホリデーキャンペーン
  • お申込み方法
  • 最新情報
  • LOOK JTB RAKUなびサポート

信頼・安心のJTBツアー

JTB Australiaは、オーストラリア政府公認旅行会社です。
会社概要
JTBオーストラリアは、JATA, Australian Federation of Travel Agents, Travel Compensation Fundに加盟しています。
このサイトはプライバシー保護のためSSL暗号化通信を使用しています。
プライバシーポリシー

JTB オーストラリアでは、下記のクレジットカードでのお支払いを受け付けております。
クレジットカード
  • タスマニア、アデレード現地オプショナルツアー

JTB Australiaの最新情報をチェック!