マイページの使い方
初めてご利用される方は、お申込みと一緒に会員登録ができます。会員登録を行うと、次回のご予約が簡単になり、予約状況の確認もオンラインで行えます。



パスワードを忘れた方

マイページ

カートを見る

【ブリッジクライム】に参加してみた! | JTBシドニー観光レポート

ハーバーブリッジ
(サーキュラー・キーから見たハーバーブリッジ)

通称ギリホリ(年齢制限ギリギリワーキングホリデー)でシドニーへ来て、JTBでガイドをさせてもらっている「たく」です。

今回、僕は視察という名の大義名分で、オペラハウスと並ぶシドニーのシンボル「シドニー・ハーバーブリッジ」に登ってきました。

少し高所恐怖症な僕は、このミッションに任命された時、

大量に背中に汗をかいたことは秘密です。笑

こちらの記事では、実際に僕がブリッジクライムのオプショナルツアーへ参加した体験をご紹介させていただきます。

 

 シドニータワーアイからの眺め

 

持ち物チェックリスト

  • 歩きやすいスニーカー:階段を上るので慣れたものがおススメ
  • ジーンズや短パンの様なズボン:ツナギの様なスーツを着るので、スカートよりはズボンの上から着た方がいい
  • サングラス:僕は外国かぶれなのであったら写真的にかっこいいかなと思いました。(サングラス用の安全ひもを貸してくれます)
  •  ヘアゴム(髪の毛を結べるように)
  • ご自身で写真は取れません(安全性を確保のため)

 

 

ハーバーブリッジまで、どうやって行く?

 

ロックスの通り
(ブリッジクライムに近いロックスのオシャレな小路)

ブリッジクライムのツアーはハーバーブリッジの真下にあるオフィスから出発します。ハーバーブリッジやオペラハウスへ一番近いサーキュラー・キー駅から行くのが一番分かりやすかなと思います。

参加した日はお休みをもらっていたのでハーバーブリッジにほど近い、石畳の道やおしゃれな路地が残る「ロックス」を観光しながら午前中を過ごしました。

たくさんのインスタ映えするバーやカフェがあり、ツアー前に一杯ビールを飲みたくなりましたが、そこは我慢…
皆さん、ブリッジクライムはお酒を飲んでから参加はしてはいけませんよ!
息を吹くアルコールテストが後であるんです。

安全第一!

ブリッジクライム出発オフィスはこちらから

 

 

 

ブリッジクライム到着&手続き

 

ブリッジクライムの受付
(ブリッジクライムの受付オフィス)

ツアーが出発するブリッジクライムのオフィスに到着して、バウチャーを見せると二階に案内してもらいました。

恥ずかしい話、僕はあまり英語が得意ではないのですが、オージーの綺麗なお姉さんが丁寧に案内をしてくれました。

二階では簡単なヘルスチェックのシートが渡されて、記入していきます。日本語バージョンもあるのでラクちん!笑(英語覚えよっと…)

その後はクライムスーツを渡され、更衣室でスーツを着ます。

仕切りの向こうから、おじちゃんが鼻歌を歌いながら着替えているのが聞こえて来て、なぜか僕もそのビートでノリノリな気分に… 

さすが海外!めっちゃ自由

荷物をロッカーに入れ、いざ出発!!

 

 

 

ブリッジクライムの準備万端、さぁ出発!?

と、その前に。

ハーネスと呼ばれる安全器具を装着。

装着作業は英語で行われましたが、身振り手振りで教えてくれるので問題ナシ~

今日で、僕のボディーランゲージ能力上がりまくりです。

装着をしたら、カンタンな予行演習がありました。

予行演習は自分のハーネスを橋についている安全バーに付けて、階段を上がるという誰でもわかるものでしたので、これも楽勝!

何故かこの時点で僕のテンションが急上昇

 

 

ハーバーブリッジクライムへ出発!

 

ブリッジに登る途中
(Photo Credit to BridgeClimb)

全ての準備が整い、ブリッジクライムへ出発!

今回のツアーでは僕の他に10人の参加者がいらっしゃいました。

オーストラリア人、イギリス人、ベルギー人、アメリカ人など、とてもインターナショナル。

年齢も幅広く、イギリス人の家族は小さな小学生ぐらいの子供とおばあちゃんが一緒に来ていました。

おばあちゃん、すごいわーって僕びっくり。

最初に言いました通り、僕は少し高所恐怖症です…

僕のテンションとは裏腹に若干の怖い気持ちもありました。

がっ…

登っていると全然怖くない!

ブリッジクライムは手すりがしっかりとあり、足場もしっかりしています。

どっちかというと、クライムというより階段を上がったり下りたりしているのに近いかなと思います。

 

さて、ブリッジクライムに話を戻します。

最初はブリッジの下を抜けていき、橋の上にあるアーチを目指します。

アーチに到達すると、安心を確信した僕のテンションはMAXへ(小心者ですみません)

世界でも有数の美しい港であると言われているシドニー湾は、本当に美人でした!

 

 

ブリッジクライムの頂上に到着

 

クライマーの写真
(インストラクターさんに撮ってもらった一枚)

ブリッジの途中と頂上では個人とグループの記念撮影をしてくれます。

今回一緒のグループに参加されたベルギーカップルはハネムーン中だそうで、頂上でお熱いキッスをされていました。

さすが海外

 

 

 

ハーバーブリッジの頂上から眺める景色はまさに絶景!

 

頂上からの写真

(Photo Credit to BridgeClimb)

多くの豪華船やセーリングヨットが自分の下をくぐり抜け、夕日に照らされたオペラハウスがいつもより赤みがかった色になっていた情景が印象的でした。

橋の上という角度、西日を背負うという特殊な条件だったから、そう見えたのかもしれません。

オペラハウスやシドニーの街を海面140メートルの高さ、そして海の真上から眺める景色は心に残る一生の思い出となりました。

こんな景色を未だ見ぬ彼女と見たいなーって感じたのはナイショです(泣)

ブリッジ上りの右手側には海と丘に面した住宅地区が広がっています。

この住宅地区が本当にカワイイんです。

男の僕がカワイイっていうぐらいだから、きっと女性にはもっとカワイイく見えるのかなぁと思います。

見た感じはまさに「魔女の宅急便」に出てくる様なオレンジ色の屋根の街が海辺に広がる世界でした。

さすが海外!

調べたところ、魔女の宅急便のモデルになってはいないようです…

 

 

 

ハーバーブリッジを下ります

 

ブルーマウンテンの絶景

ブリッジクライムもついにクライマックス

ゆっくりと橋のアーチを降りていきます。

緩やかな階段が続いているので、高所恐怖症の僕でも楽勝で降りられました。

途中に給水ポイントがあるので、乾燥している時期には口を潤すのにいいかもしれません。

最後、橋の一番下まで戻ってくると、インストラクターの方が「Welcome Back」とオシャレにささやいてくれたのがカッコよすぎました。

僕もこのセリフをドヤ顔で言えるようになろうと決心した瞬間でした。

 

 

 

ブリッジクライムの終わり

購入したUSB
(購入したUSB)

ツアーの全工程が終わり、着替えが済むと写真ブースへ進みます。

グループ写真は無料でもらうことができ、グループ全員の写真がゲットできます。

しかし、個人写真を含めた他の写真は別途でUSBに入って購入という形になります。

僕は自分のSNSに上げたかったので、購入してしまいました…

まぁ一生に一度の思い出を買ったと思ったら安いですね!

写真ブースを抜けると本格的にブリッジクライムが終わります。

最後にお土産コーナーがあり、オリジナルTシャツが2000~3000円ぐらいで買えちゃいます。

カッコいいデザインのものが並んでいたので、海外の思い出にはいいかもしれません。


 

 

最後に…

夕日のハーバーブリッジ
(夕日に照らされるハーバーブリッジは本当に美人)

高所恐怖症な僕がこのツアーに恐怖を感じずに参加できたのは本当に良かったと思います。

ハーバーブリッジ・クライムはシドニーへ来たら絶対に参加した方がいいアクティビティだと自信を持って言えるようになりました。

こちらのツアーはまだそんなに日本人観光客が多くない印象を受けたので、他の日本人観光客があまりしていない体験をしたいと思う方におススメです!

また、家族や友人、恋人など一緒にシドニー旅行へ来た人達と話しながら共同で体験できるツアーなので、感動を共有できるのも魅力の一つです。

シドニー観光へ来た際にはぜひ「ハーバーブリッジ・クライム」にご参加ください。

 

シドニータワーアイからの眺め

 

 

シドニーを訪れた方は以下のオプショナルツアーにも参加されています

 

ブルーマウンテンの1日ツアー
 
 
 
 

 

 

ブルーマウンテンの絶景

 

シドニーに来たら絶対にハズせないのがブルーマウンテン観光です!こちらのツアーは自分なりに少しカスタマイズできるのが特徴で、「アクティブにトレッキング」「ゆったりとバスツアー」を当日の気分で決めていただけます。バスツアー以外にも、トロッコ列車やガラス張りのロープウェイなどの乗り物でも絶景を楽しめちゃいます!最後に立ち寄るブルーマウンテンの入り口であるルーラの街はインスタ映え間違いなしです!!

 CTA

 

 


 

ハンターバレーテイスティングツアー

ワイナリーでワインを一杯

 

オーストラリアでも有数のワインの産地として有名なのがこちらの「ハンターバレー」
ハンターバレー地域にはたくさんのワイナリーがあり、こちらのツアーではその中でも選りすぐりの人気ワイナリーへ向かいます。
午前中は3軒まわり、昼食の後はスパークリングワインテイスティングとチョコレートカンパニーを訪問する大満足なツアー工程となっています!

 CTA

 

 


 

こちらのページでは一部のツアーをご紹介させていただきました。他にもたくさんの格安ツアーやJTB独自のツアーがありますので、そちらもご覧ください!

CTA

別の都市ツアーを見る

JTBオーストラリア・今年度売れ筋ランキング! 2019 年末年始・シドニー旅行満喫!ベンツで行く「ブルーマウンテンズ」ツアー クリスマス & 年末年始特集! - 真夏のオーストラリアで年越し 【シドニーを一望】ブリッジクライムが今熱い! 年末年始・冬休みの大セール
  • お申込み方法
  • 最新情報
  • LOOK JTB RAKUなびサポート

信頼・安心のJTBツアー

JTB Australiaは、オーストラリア政府公認旅行会社です。
会社概要
JTBオーストラリアは、JATA, Australian Federation of Travel Agents, Travel Compensation Fundに加盟しています。
このサイトはプライバシー保護のためSSL暗号化通信を使用しています。
プライバシーポリシー

JTB オーストラリアでは、下記のクレジットカードでのお支払いを受け付けております。
クレジットカード
  • タスマニア、アデレード現地オプショナルツアー

JTB Australiaの最新情報をチェック!