マイページの使い方
初めてご利用される方は、お申込みと一緒に会員登録ができます。会員登録を行うと、次回のご予約が簡単になり、予約状況の確認もオンラインで行えます。



パスワードを忘れた方

マイページ

カートを見る

ゴールドコースト 白い砂浜と世界遺産の大自然 魅力満載のリゾート地

亜熱帯性気候に属し、年間の晴天日が約300日以上といわれるゴールドコースト。空港から市内までは車で40分程度。ベストシーズンは11月から3月で最高気温は20から30度と快適。マリンアクティビティーを楽しむのに最高の季節です。サーファーズパラダイスなどの中心部だけでなくブロードビーチ、ロビーナ、メインビーチなど周辺にも見所がいっぱいです。 ゴールドコーストのオプショナルツアーを見る

空港

ゴールドコーストの空港は国際線、国内線ターミナルが1つの建物内にあるため迷うことはないと思います。 国際線ご利用のお客様は通路をそのまま通り、入国審査へおすすみください。 入国審査のカウンターでは、パスポート(ETAS(イータス)をお持ちの方は忘れずに)、オーストラリアの入国カードを提出してください。 入国審査のあと御自身の荷物をお引き取りください。 関税と検疫の審査があります。 すべての食料品、植物、動物などの申告とA$10,000以上の現金またはそれに相当する外貨現金の持ち込みに申告が必要です。 申告を怠ったり、虚偽の申告をした場合、その場で罰金が科せられますのでご注意ください。 空港内は一部を除いて全て禁煙です。 (出発ゲートの喫煙所のみ) ゴールドコースト空港からの送迎サービスを見る

飛行時間の目安:大阪-ブリスベン 約8時間30分、東京-ブリスベン 約8時間35分

ホテル

ゴールドコーストでホテルに滞在される場合、日本と違って用意されているアメニティーが随分異なります。 日本のホテルや旅館であたりまえのように用意されているものは、外国では用意されていないことが多いです。 たとえば、歯ブラシと歯みがき粉、髭剃り、くし、スリッパ、浴衣、日本茶のティーバックがほとんどのホテルにはありません。 必要な方は忘れずに、ご持参ください。

タオルとバスタオルはお部屋に備え付けがあり、ビーチやホテルのプールで泳ぐ際に必要なビーチタオルは無料で貸してくれます。 (一部有料のホテルもございますので、チェックインの際にご確認ください。) また、変圧器やプラグもホテルによっては用意しているところもありますが、貸し出し中で借りられなかったりする場合がありますので、絶対必需品という方はご持参ください。 特に、プラグを忘れる方が多いようです。 アイロンは、お部屋に備え付けだったり、フロントにお願いすれば貸し出しサービスが殆どのホテルにあります。 洗濯機と乾燥機は、ホテルの一角にあり有料ですが使用可能ですし、アパートメントタイプの場合は、お部屋に備えつけられている場合がほとんどです。

お部屋は、クーラーが利いていて半袖では寒かったりする場合がありますので、長袖の羽織るものをご持参されると便利です。 (各オプショナルツアーやレストランでも利用する場合が多いです。)

ホテルの水道水は、基本的に飲んでも大丈夫ですが、体が疲れていたり気候が急に変化したりして、いつもの体調と違う場合はお腹の調子が悪くなることもございますので、ミネラルウォーターか一度沸かした水を飲まれることをおすすめします。

ゴールドコーストの街

ゴールドコーストは、サーファーズパラダイスを中心に、北側のサウスポートと南側のブロードビーチと3つの大きな地区に分けられます。

サーファーズパラダイスはゴールドコーストの中心地として、多くの免税店や、お土産屋が軒を連ねております。また、日本でもおなじみの“ルイヴィトン”、“フェラガモ”、“プラダ”などのブティックや、最近人気のサーフショップブランドのお店もあります。殆どのお買い物は、サーファーズパラダイスで済ませることが可能です。また、お土産以外にも、日本のコンビニや、オーストラリアのコンビニ、大型スーパーマーケットなどがあります。これらのお店では、食料品や雑貨などを取り扱っておりますので、ロングステイのお客様やコンドミニアムにお泊りのお客様には特に便利です。

ゴールドコースト第2の繁華街“ブロードビーチ”には、南半球最大規模のショッピングセンター“パシフィックフェア”や、24時間営業の“ザ・スター ゴーストコースト カジノ”、カジノからほど近い“オアシスショッピングセンター”があります。パシフィックフェアやオアシスショッピングセンター内に、免税店はありませんが、デパートやブティックには日本と違ったデザインの洋服や小物、お土産品が見つかるかもしれません。

サウスポートはオフィス街ですので、ショップはあまりありませんが、近代建築物を庁舎として使用している裁判所や警察署が立ち並んでいます。また、サウスポートから車で15分ほど所に、オーストラリア最大のアウトレットモール“ハーバータウン”がございます。ここには、ナイキ、ポロ・ラルフローレン、フィラなどの有名店や、オーストラリアブランドなど様々なお店があります。

気候について

ゴールドコーストの気候は大変過ごしやすい気候ですが、冬場は日中と日没後の気温差が激しいので、服装の注意が必要です。日中は晴れていれば、25℃くらいまで気温が上がりますが、日が暮れると10℃くらいまで下がります。特に日本の夏休み期間はオーストラリアでは冬にあたります。

南半球にあるオーストラリアでは日本とは季節が逆です。 春:9月から11月、夏:12月から2月、秋:3月から5月、冬:6月から8月。 冬場の日内の温度差にはご注意ください!

ゴールドコーストの月別 平均最高気温(℃)と平均最低気温(℃)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
最高 29 29 28 26 23 21 21 22 23 25 27 28
最低 20 21 19 17 13 11 9 10 12 15 17 19

ゴールドコーストの月別 降雨日数と月間降雨量(mm)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
日数 11 11 12 8 8 6 6 5 6 7 8 9
雨量 180 191 204 138 132 95 76 55 58 86 103 133

服装

ゴールドコーストでの服装は、オプショナルツアーに参加する場合は、カジュアルな動きやすい服装や靴で構いません。ビーチ沿いや、ホテル内でもビーチサンダルや短パンなどで大丈夫です。街歩きやレストラン、カジノでは正装する必要はありませんが、男性のかたは特に、長ズボン(綿のスラックスかジーンズ)とポロシャツくらいの服装でレストランやカジノにお出掛けください。(カジノは、ビーチサンダルをはいているようなラフな服装では入れません。)また、一部のオプショナルツアーでも長ズボンの方が良いツアーがありますので、1枚あると便利です。また、室内や車内、船内では、クーラーが強くきいている場合が多いです。半袖だけでは寒い場合がありますので、長袖の羽織るものを1枚お持ちになることをおすすめします。ゴールドコーストでゴルフをされる予定のある方は、必ずポロシャツ(襟付き)をお持ちください。Tシャツではプレイができないコースもございます。(ズボンは短パンでも可能です。)ゴルフシューズはスパイクシューズ不可のゴルフ場が増えておりますので、ピン無しをお持ち頂いた方が無難です。

日本から持っていくもの

水着
ビーチやプールで泳ぐ場合や、マリンスポーツ(ダイビングやジェットスキーなど)に参加される際に必要となります。現地で水着を買おうと思っている方は、サイズが大きすぎたり女性用水着の胸パットが入っていなかったりするものが多いので念のため一枚ご持参頂するほうがいいかも。
ビーチ サンダル
現地のスーパーなどでA$7位から販売しています。レストランによってはサンダルで入れない所がありますので、食事や夜の外出には不向きです。
日焼け止めクリーム、
帽子、サングラス
オーストラリアの陽射しは大変にきついので日中は必需品です。現地でも調達可能ですが肌の敏感な方は自分の肌にあった日焼け止めをお持ちください。サングラスも日本の物とサイズが違いますので、お持ち頂いた方が無難です。
デジタルカメラ、ビデオ
思い出の記念には欠かせないアイテム!特殊な電池を使用する場合、オーストラリアでは購入できない場合がありますので、必ず予備を持参してください。使い捨てカメラは現地でも購入可能です。ビデオを持参される場合はチャージャーセットとオーストラリアにあったプラグを必ずお持ちください。(240V未対応のチャージャーをお使いの方は変圧器をご持参ください)
長袖の羽織るもの、
長ズボン
ゴールドコーストでは昼と夜の気温差が大きいため、昼間は半袖半ズボンで快適でも夜になり冷え込むことがありますので、夏場でも一枚薄い長袖を、お持ち頂く事をおすすめします。特に夜のツアーに参加される方はお持ちください。
常備薬
異国の旅先では何が起こるかわかりませんので、常備薬の携帯をおすすめします。現地でも購入できますが(薬により医師の診断書が必要です)日本人には強すぎる場合がありますので飲みなれた日本製のものの携帯をおすすめします。また、万が一病気になってしまった場合でも海外障害旅行保険に加入していればキャッシュレス(お金を払わなくても良い)で医師の診断を受けることが出来ますので、念のための加入をおすすめします。

ショッピング

売れてるお土産!

プロポリス関連商品

蜂がその幼虫を守るために作り出す天然の抗生物質といわれるプロポリス。風邪、喉の痛み、口内炎、歯痛、切り傷、やけどの治療、消化器などの働きを助ける健康維持も効能としてあげられており、根強い人気です。

ホホバオイル関連商品

ビタミンA、D、Eを豊富に含んでいるためお肌の栄養補給を助けます。べたつきを残さず滑らかな潤いをもたらし、皮膚にハリと弾力を与え、お肌の水分を保ちます。乾燥による顔の小じわ、しわの減少を助けます。

お土産は宅配で!身軽に帰国。

選りすぐったオーストラリア製のお土産をお届けします。お申込みはオーストラリアで。受け取りは日本となるため、手ぶらでご帰国頂けます。お支払いも日本へ帰国してから。手持ち現金がなくてもOK。お土産を送る相手に直接宅配も可など便利な仕組みです。是非現地ツアーデスクへお立ち寄りの上ご確認ください。

免税品

オパールショップ、専門店、免税店などで、免税品を購入される場合は、パスポートと日本への帰国便の航空券の情報が必要となります。パスポートでは、写真とパスポート番号の載っているページのコピー、航空券では、日本への帰国便日付け、便名情報が載っているページのコピー、この2つのコピーがあれば買い物ができますので事前にご用意されると便利です。現物はホテルのセーフティボックスなどに置いておくことができます。

消費税払い戻しシステム

同一のお店で、A$300以上の買い物をされた場合、出国時に消費税の払い戻しを受けることが可能なシステム(TRS)があります。A$300以上の買い物がまとめて記載されたレシートが必要となります。 詳しくはお買い上げのお店、JTBガイド、ツアーデスクにてお訊ねください。

ゴールドコーストはショッピング天国!

エリクホンストリート
この通りには、高級ブランド品を扱うブティックが多く並ぶ通り。プラダ、フェラガモ、カルティエなどが店を構えております。

営業時間にご注意

通常の商店の営業は平日10時頃から17時頃まで。週に一度、木曜日などに営業時間を21時頃まで延長するレートナイトショッピングを行っていますが、地区により曜日が異なったりします。街の中心では、土日も営業している店が多いが、週末の営業時間には十分ご注意を。一部スーパーマーケットは深夜営業をしているものもあります。銀行は平日9時30分から16時、土、日、祭日は休業です。

ゴールドコースト現地ツアーはこちら
▼★オーストラリアで年越し★ 2017年クリスマス & 年末年始特集! ▼ 世界遺産オペラハウス、オペラ鑑賞、満喫プランをご案内! ▼ JCBカードご利用キャンペーン ★2018年5月31日催行まで!★ ▼ おすすめ! 航空券+宿泊 オーストラリア国内旅行 ▼ グループでお得! 4名様や3名様でのお申込みで特別割引キャンペーン!
  • お申込み方法
  • 最新情報
  • LOOK JTB RAKUなびサポート

信頼・安心のJTBツアー

JTB Australiaは、オーストラリア政府公認旅行会社です。
会社概要
JTBオーストラリアは、JATA, Australian Federation of Travel Agents, Travel Compensation Fundに加盟しています。
このサイトはプライバシー保護のためSSL暗号化通信を使用しています。
プライバシーポリシー

JTB オーストラリアでは、下記のクレジットカードでのお支払いを受け付けております。
クレジットカード
  • WIFIモデムバナー
  • タスマニア、アデレード現地オプショナルツアー

JTB Australiaの最新情報をチェック!